FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
逃げ場のない選択肢
計量カップを洗っている時に、バリンと割れたそのカップで
手をざっくり切ってしまいました。

げげげ・・・

そんなに痛まないものの、結構深い傷となってしまった。

絆創膏だらけになった手。


その手をちょっと誇らしく感じている自分を発見。


このフランケンな手に、
私はなぜ誇らしいなんて感じるのだろうかと、
自問してみると、

家族のための名誉の負傷

という言葉が浮かんできた。



いかんいかん、またそんなことを。。


子どもが小さなうちは、どんな決定をする際にも
家族にとってどうなのか、ということを
優先させてきたように思う。


それすらも、厳密にいえば自分の選択だけれど、
やっぱり、いたしかたない状況で、というのは事実。

でも、その「いたしかたない」が、
逃げ場になっていたのも、同じく事実であり・・・



夫が仕事をやめて、なぜだか私の心も
自由度を増してきたようで、
そろそろ、自分だけのための選択というのも良いのかな・・と
自然と思えるようになってきました。

もちろん、自分だけのための選択、というからには、
責任も100%自分でとる、ということなのだけど、
そもそも人生ってそういうものだもんね。


とはいえ、娘は小学5年生。
手はかからない、とはいえ、
まだまだ、お子ちゃまなところもある。

衣食住はもちろん、心も毎日満たされて

「今日もいい1日だったな~」

と、眠りにつけるように心がけていくのは
母としての私の選択。


そして、一人の人間としても、
これからガンガンいったるぞ~!!と
鼻息を荒くする秋の夜長なのでした。




ブログランキングへ




スポンサーサイト
[2008/10/19 16:51 ] | 心つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<秋深し・・・さぶい・・・ | ホーム | 体に良いもの悪いもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。