FC2ブログ
海は広いな、楽しいな♪
先週末、お天気も良く、旦那は羊蹄山へ。

そこで、妹親子と海へLet's Go!!


泳ぐには気温が低いな~と思ったけれど、

子どもたちはやる気みなぎり、水着持参。


最初のうちは、おしとやか?に

服のまま足だけ海に入り、ヒトデやら捕まえておったんですが、

結局、こらえきれずに水着に着替えて、海にザブンと。





あぁぁ~楽しそう・・・

なので、私もせめて足だけでも。




裸足で岩場を歩き回れば、

陽射しで温まった岩が、あしつぼを刺激して、

とっても気持ち良い!!



妹は、足の角質がとれた、なんて言ってましたけど(^^;)

角質を置いていかれる岩の気持ちはっ!!(笑)



ラブな岩発見!!

自然にこんなハート型の岩が、しかもこの色で!!




ついには、岩山に裸足で登り出す子どもたち。

かなり、急勾配で見ている親たちは、ハラハラだったけれど、

そこをググっとこらえて見守っていると、

頂上に到着、

景色の良さに歓声をあげていました。


「お母さんも、登った方がいいよ」

という、純粋な娘の好意からでたであろうセリフに、

え゛~と思ったけれど、

ここで登らないと、大人の面目丸つぶれじゃないかっ!!

と、なぜかゴングが鳴り響く。


裸足で、ごつごつの急勾配を登りきったら、

透き通った海が遠くまで見えて、気持ちよかったです。


ど~じゃい!! 見たか、おのれら~!!

と、心の中で子どもらに雄叫びをあげる私。。。


こんな、ちっちゃなアワビもおりましたよっ♪


大きくなって、戻っておいで~


大満足の海あそび。

やっぱり、自然は良いですね♪





スポンサーサイト



[2009/07/07 22:04 ] | 北海道の自然 | コメント(4) | トラックバック(0)
ハードボイルド?たぜい
初雪が降ってからは、めっきり寒くなって、
登山もご無沙汰してましたが・・・

だんなが、体中についたポケットに重りを入れられる
変態ベストを購入(笑)

これを着て、山を登りたいらしいのでおつきあい。。。








服の下からちょいとのぞいていたので、激写!!
ゴルゴ13が着ていそうな変態ぶり




ベストに仕込んだ8Kgと、
足にそれぞれ2Kg、計12Kgの重り




そのうち、地球の重力圏から脱出して、飛んでいくつもりか??(笑)


重りを装着しただけでは、飽き足らず、ダッシュで山を登ってます♪




こちとら、久々の運動で、冬なのに上着いらずの暑さと、
流れ出る鼻水・・・

まってくれ~



 背中で語る、ダンディズム~



冬眠にむけて、食べまくるエゾリスちゃん

夏に出会ったときと違って、
人が近づいても逃げる気配、いっこうに無し。

お~い、うまいかい??と声をかけると、

ばっちりこっちを向いてくれました ^ ^


山は、樹々のあまい香りと、
落ち葉のつもる大地から立ち上るかおりが混じり合い、
気持ちいいです。

アロマもいいけど、こちらもまた、たまりませ~ん!!



ブログランキングへ

[2008/11/13 15:47 ] | 北海道の自然 | コメント(0) | トラックバック(0)
いきてる、いきてる、樽前山♪
3連休の真ん中・・・

ひさびさに、
親子で登山です!!


今回の山は、活火山である樽前山です。


楽勝だという噂だったのですが・・・


登り始めて、早々に息はあがり、
肺は爆発寸前・・・

よせばいいのに、栗キャラメルをほおばった私は、
口呼吸100%

ラマーズ法を参考に、
ヒッヒッフ~、とやってみても
いっこうに楽にならない・・・

期待はしてなかったけど、やっぱり。


もともと目的が違うじゃん!!
アジアの片隅で山を登ってるおばはんに
「やっぱり」と言われるとは、ラマーズも心外なことだろう。


頂上が近くなると、はんぱない強風が・・・

酔っぱらってもないのに、
は、はなが痛いよっ!!

鼻水が、突風にのってとんでゆく~

腕をひろげたら、空を飛べそうなくらいの突風に、
ちょいとはしゃいでみる、39歳と、
びびりまくる10歳。



こ、この一山をこえれば、頂上じゃ・・・


樽前山


風にとばされぬよう、しっかり足を踏みしめて、
やっとこ到着~!!

樽前山

はいっ、今日の三角点

もはや、私の三角点に対する情熱を誰もとめられまい・・・
むっふっふ

三角点



頂上から見える支笏湖のきれいなこと。

子どもの頃の支笏湖のイメージといえば、
支笏湖の近くに、時速100キロではしるばあさん
通称100キロばばあが出るという噂があったが(笑)




あ~疲れたび~

と、横たわる38歳




樽前山は活火山。
硫黄の臭いが立ちこめる溶岩ドーム

この元気・・・
あやかりたいです(笑)




と、思いつつ、三角点から逆側、
西山の方へ歩いていくと、鳥居を発見!!

しっかりお参り。。。

若返りますように
なんちゃって(爆)





下山後、夫の足首に怪しい物体を発見

なんと片足2キロの重りをつけて登ったらしい。。。





こうでもしないと、アホらしくて登れないんでしょうな(笑)


しかし、最近ではすっかり先導がうまくなってきて、

あ゛~苦しいと、立ち止まっていると

もう少し行くと、休む場所があるぞ


とちらりと希望の光を見せてくる。

が、実際にもう少しの場所についてみると、
何もない(爆)

ないながらも、ちょぴっと休ませてくれるし、
水分の補給もできるので、
結局だまされても、満足する我ら。


頂上まで、その繰り返しである。。。

そのさじ加減が、非常に我々のつぼをついているのだ。。。



働いていた頃には気づかなかった、夫の才能である。





ブログランキングへ



[2008/10/13 19:44 ] | 北海道の自然 | コメント(0) | トラックバック(0)
地獄に仏ならぬ、地獄で天国?
どうしても、温泉に入りた~い!!

という魂の叫びにより(笑)
週末は、登別へ行ってきました。


第一の目的は、天然足湯


天然足湯

川が白い・・・

この白さ、温泉なんです!!

大正地獄から、流れ出たお湯が川に合流しているらしいです。


↓大正地獄
大正地獄

いつ、この地獄から熱~い泥が飛んでくるかわからないらしく、
近づけないように柵がされていました。

柵の中をのぞいてみたら・・・
確かに、泥んこになっとった。

むむむむ・・・
地球って生きてますな~

足湯

大正地獄が、活発化すると、足湯があっちくて入れないとのこと。
この日は、おとなしくしていてくれて、良かった。

大正地獄よ、ありがとう。



ちなみに、ボランティアガイドさんのお話によると、
この大正地獄、写真のような緑の他に、
黒やピンクに色が変わるそう。

なんと、おしゃれな地獄もあったもんだ。


足湯

めずらしく、娘が撮影してくれるというので、
強引に仲良しポーズを決めてみました。。。

こころなしか、夫の顔が引きつってるような???

夫の顔だけが、微妙にぶれて写っているのは、
腕をきめられてびびった夫が、小刻みに震えた証拠に違いない(笑)


調子にのりすぎ、小さな滝の横によじ登ったところ、
またもや、泥んこになってしまいました・・・



この間の登山でも、泥んこに・・・

新しいコートがっ!!と、がっくりきましたが
やっちまったものは仕方がないので、
ここは開き直って、

これは汚れではない、模様だ

ということにしました。

誰がなんといおうと、これは模様なのよっ(笑)


それにしても、足湯に入ったあと、
歩く足の軽いこと、軽いこと。

娘っこも、
「わぁ~地面から浮いてるみた~い」
と大喜びです。


まじで大げさでなく、そんな感じ。

このあと入った、温泉も気持ちよかったけど、
足は軽くはならなかったぞ。

素晴らしいわ、天然足湯っ!!

足湯




登別は、紅葉も進んできていて、きれいでしたよん。

紅葉


紅葉


地獄谷だの、大正地獄だのいってるが、
はっきり言ってここは、

天国 だぁ~

ただし、こんな鬼には要注意ですぞ(笑)

赤鬼





ブログランキングへ


[2008/10/06 11:37 ] | 北海道の自然 | コメント(8) | トラックバック(0)
雪と再会!!余市岳
朝の晴れ間に心は踊る。

今日は、久々の登山よっ。

お~ほっほ~



もちろん、自分のしょうもない体力を考慮しなくてはならん。

ゆえに、本日は
余市岳(ゴンドラ利用)である。

スキー、スノボでお世話になっている、
キロロスキー場のゴンドラにて、山頂駅まで。

昨日の雨でできた水たまりで、寸断された道を
笹と格闘しながら進み行く!!

なだらかな道が延々と続き、楽勝じゃと、思いきや



いよいよ急な登りに突入~


地をはうように伸びた木が、登山道を塞ぐ。
厳しい自然環境に適応した姿なのでしょうか。

登りでは、乗り越えるのが大変でしたが、
帰りのぬかるむ下り道では、
この木々の助けをかりて下山です。

決して太くない枝なのに、
そのしなやかさと強さには、びっくり。

私も木々を見習って、
しなやかおばちゃんになりたいもんです。


ななかまどが、色づいてきれいです。



さらに進んでいくと・・・


ぬおっ、登山道が小川と化している!!






あ~、防水のきいた登山靴買って良かった。


水だけじゃなく、相変わらず木もたちはだかってます。




この辺までくると、草わらに白いものが、ちらほら。

なんと です。 

よっ、久しぶり~。

って、喜んでますけど、
もうちょっとしたら、嫌でもあうはめになるんだよね(笑)


吐く息も白く、かじかむ手で、山頂に到着。



おい、お尻をどけろっ!!

大事な三角点が見えないじゃないかっ。



すっかり冷えきってしまったものの、
温泉に入る時間もないので、
今日はこれで満足するとするか。

美少年

その名も

美少年


リッチに2袋投入!!

どうせなら、美少女の方が良かったんだけどな。





ブログランキングへ


[2008/10/02 19:57 ] | 北海道の自然 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>